介護職の主な転職先|特養や老健の他にも資格を活かせる施設など

介護の転職

今回の記事では介護職の資格を活かして働くことができる転職先についてまとめました。

介護職の資格を活かしながら新しい転職先を探している場合など参考にしてください。

特別養護老人ホーム

特別養護老人ホームは65歳以上で常時の介護を必要とする人が入所する施設です。

介護度の高い利用者が多いため、介護職として高い知識やスキルが求められる施設と言えます。

特別養護老人ホームの経験は他の施設でも生かせることが多くスキルアップを目指して転職するのも良いでしょう。

介護職の中では給与などの待遇面でも悪く無いことが多いため、介護職の中でも人気があります。

原則24時間体制であり夜勤シフトも必要となるため体力的な面も要求される反面、利用者とじっくりと向き合って仕事ができ、やりがいも多いのがメリットと言えます。

介護老人保健施設

要介護認定を受けた65歳以上の高齢者のうち、自宅復帰のためのリハビリテーションなどが必要な人が入所する施設です。

将来的には自宅に戻るのが基本であり、利用者の入れ替わりも多い施設です。

他の施設と比べるとリハビリの専門職(理学療法士・作業療法士・言語聴覚士等)の人や看護師などとも関わるケースが多く、他職種とのチームワークも重要になってくる施設です。

介護職の中では給与面など一般的な待遇のケースが多いですが、夜勤などをこなすことで給与も変わってきます。

特別養護老人ホームと同様に原則24時間体制であり体力的には要求されることも多い施設です。一方で利用者の方が元気になって自宅に戻るまで携わることができ、やりがいも感じやすい施設と言えます。

介護付き有料老人ホーム

行政から「特定施設入居者生活介護」の指定を受け民間業者が運営する介護施設であり、施設によって費用やサービスの内容が異なります。

特別養護老人ホームと同様に利用者が生活の最後の拠点とすることも多い介護施設です。

特別養護老人ホームとの主な違いは公的施設であるか民間施設であるかの点、入居者の要介護区分の違いなどがあります。

介護職の給与などの待遇は施設によっても差がありますが、民間業者である分一般的には条件が良いケースが多いです。

こちらも多くが24時間体制であるため、夜勤に入る可能性がある点はあらかじめ知っておきましょう。

民間業者である分自由度も高い施設が多く、レクリエーションなども個性的なものがあったりします。自分に合う施設であれば楽しんで仕事ができる選択肢と言えるでしょう。

訪問介護

訪問介護施設は利用者の自宅に訪問し、身体介助や生活援助などを行う介護サービスです。

特別養護老人ホームや介護老人保健施設などと異なり、利用者へのサービスの場は利用者の自宅となる点が特徴です。

基本的には利用者の自宅には一人もしくは少人数のスタッフで行くため、同僚スタッフとの作業はあまり多くありません。

そのため、仕事の手順などを自分で進めたい場合や判断力を磨きたい人などは好んで職場として選ぶ傾向があります。

特別養護老人ホームや介護老人保健施設など利用者の居住地となる施設での介護職と比べると、仕事の時間がある程度限られており平日の日中がメインとなるため、家庭との両立を目指す人も働きやすいメリットがあります。また、同僚との深い人付き合いが苦手という人も選択肢になるでしょう。

デイサービス

デイサービスは要介護認定を受けた人に対して食事や入浴の他、レクリエーションなどの社会活動サービスを実施するものです。

デイサービスに通う方は介護度が低く身の回りのことをできる方が多いため、利用者の方ともコミュニケーションが取りやすい傾向もあり、楽しんで仕事をしている人も多くいます。

デイサービスの施設では一定数のスタッフと協力して仕事を進めていくためチームワークなども重要となってきます。また、送迎車で送り迎えも含めて実施するケースもあります。

給与の水準は高いとは言えませんが、基本的には勤務時間が限られている施設が多く、平日の勤務がメインとなるため家庭とのバランスを重視したい人でも働きやすい施設の一つです。

利用者は身体も動かせるしっかりとした高齢者が多いため、身体介護のスキルを磨くにはあまり向いてないかもしれませんが、コミュニケーションをしっかり取れる人が多いため接遇などの面のスキルは向上させやすいとも言えます。

タイトルとURLをコピーしました